大喜工務店

滋賀県の注文住宅(新築一戸建て)、自然素材・無垢材を使用した健康住宅、住宅リフォーム外断熱は大喜工務店へ!(滋賀県東近江市)

HOME会社案内お問い合わせサイトマップ

無添加骨太住宅

HOME

 

なぜ選ばれるか

施工事例

メディア情報

イベント情報

Q&A

外断熱と耐久性

大喜工務店について

平成8年知事表彰受賞

 

平成13年知事表彰受賞

 

大喜工務店の住まいづくり読本プレゼント!!

 

営業エリア

 

滋賀県
東近江市・ 愛知郡(愛荘町)
蒲生郡(日野町 竜王町)
近江八幡市・ 甲賀市
犬上郡(多賀町 豊郷町 甲良町) 彦根市・ 湖南市・ 野洲市
栗東市・ 守山市・ 草津市
長浜市(旧長浜市)・ 米原市・ 大津市
京都府(南部)
※その他の地域にお住まいのお客様もお気軽にご相談下さい。

 

LINK

 

HOME»  お客様の声»  お客様からのお手紙

お客様の声

大津市 H様

お手紙

我家の中心には1尺(30cm角)の柱が鎮座しています。安全と安心の象徴でもある我家自慢の大黒柱です。8寸角、6寸角の柱を従え、えもいわれぬ安堵感を覚えます。

大喜工務店との出会いは偶然です。私は今まで都会生活をしていましたので、終の棲家は自然に囲まれた環境に構えたいと思い、湖西に土地を求めました。そのちょうど対面に目を引く木造建物があり、その建築業者が大喜工務店でした。

突然で失礼だと思いましたが、その家人に事情を説明し、内部を拝見させていただき、「清々しい木の香り」、「がっちりした骨組み」、「木のぬくもり」に一目惚れ、早々に大喜工務店を訪ねました。社長から、「住まい」の安全性、健康環境、耐久性など基本条件について具体的に詳しく説明していただき、家づくりへの熱意と信念を感じました。特に、私たちは阪神淡路大地震を体験し、惨状を目の当たりにしていましたので、安全を第一にする設計施工コンセプトは充分に説得力がありました。

私たちは大喜工務店で建築計画を進めることにし、幾度となく神戸から足を運び、打ち合わせを重ね、時には、貴重な時間を割いて、材木の保管場所を実地見聞させていただきました。併せて、建築中の建物の見学や、多くの完成見学会にも参加しましたが、回数を重ねるごとに職人さんの応対の良さ、行き届いた現場管理など見て、信頼度が増していき、大喜工務店で新築することに決めました。

決めるにあたって、やはり費用は気になりました。予算の制約の中、仕様の決定までにかなりの迷いがありましたが、辛抱強く付き合っていただき、最終的に「納得できるお金の使い方」へと導いてくれたように思います。また、いざ我家の新築工事を開始したとき、不動産業者が契約に違反して側溝等を不整備のまま倒産したことが判明し、市役所と再協議が必要となりましたが、その際にも工事に支障がないよう市役所に掛け合ってくれました。紆余曲折がありましたが、その都度適切に対応していただき、無事完成し、現在大いに満足して生活しています。
これからマイホームを建てようと計画されている方は、「百聞は一見に如かず」、是非とも大喜工務店の家を体験してみてください。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

草津市 M様

お手紙

この度は素晴らしい家(自分で言うのも何ですが)が完成し、家族皆、大満足で住んでいます。大喜工務店さんの家の素晴らしさは他の方が書いておられる通りですが、これから建てようと思っている方々に少しでも参考になれば、と私なりに感想を書いてみたいと思います。

大喜工務店さんのところで建てて良かったと思う点はまず、間取りや様々な決め事が自分で決められて、自分が納得するまで待ってもらえたこと。もちろん要望する中で、耐震などで少しでも具合がわるい場合はハッキリ「NO!」と言ってもらえるので、その安心感の中で自由に自分が思い描いているのを形にしてもらえました。自分だけの家、オーダーメイドです。
次に良かった点は、無垢の木というのは肌ざわり、におい、音・・・全てにおいて心が豊かになります。気持ちがおだやかになり、五感が磨かれ、精神が高まる気がします。年を経たら量産の物では味わえない「アンティークの味わい」を楽しみたいと思います。

大喜工務店さんの家の素晴らしさはまだまだありますが、家が素晴らしいという事は、社長をはじめ、スタッフの皆さんが素晴らしいという事で、大工さん達も良い物を造り上げたい。喜んでもらいたいという一心の方々ばかりで、仕事ぶりも仕上がりも心打たれました。本物というのは人の心を打つ、感動するということを改めて感じました。
無茶な要望にも嫌な顔せず聞いて下さった社長様。何度も足を運んでもいつも暖かく迎えて下さった奥様。暑い日も寒い日も毎日朝早くから夜遅くまでコツコツと丁寧に素晴らしいお仕事をして下さった大工さん。皆様本当にありがとうございました。
家づくり、とても楽しかったです。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

彦根市 F様

お手紙

私たちは現在、大喜工務店さんに家を建ててもらっています。建築現場が住んでいるところから近いこともあり、朝夕、建築中の家の方角を眺めたり、子どもたちと散歩をしながら、少しずづ出来ていく我が家の姿を見に行くのが、日々の楽しみです。今から完成の日が待ち遠しくてたまりません。私たちの夢を現実のものにして下さっている大喜工務店さんに、これまでの感謝の気持ちを少しでも言葉に表したいと思い、筆をとりました。
私たちは大喜工務店さんに巡り合えて心の底から幸せだと思っています。藤田社長に初めてお会いした時、家づくりに対する思いや、こだわりを熱く語られるのを聞いた瞬間、「ここに任せたら安心だ!」とひらめきのようなものを感じました。
私たちが本格的に家作りを考え始めたのは、大喜工務店さんに出会う3年ほど前のことでした。様々な理由で現在の土地を手に入れるまで約2年半かかりました。その間に大手ハウスメーカーや工務店をたくさんまわり、また家作りに関する本もたくさん読みました。でも、私たちが思い描いている家を形にしてくれる所には、なかなか出会えませんでした。
私たちが作りたいと思っている家。それは地震や自然の災害にも負けない頑丈な家。子どもたちの健康に優しい、無垢の木など自然素材を使った家。外張り断熱の居心地のいい快適な家です。

どのハウスメーカーも工務店も「うちなら、そのような家を建てられます。」と説明してくれましたが、私たちが心底、納得できる説明をしてくれるところは、どこもありませんでした。どこも見せ掛けの笑顔だけで、きれいな言葉だけを並べているように思えたのです。「やっぱり妥協しなくてはならないのかなぁ」と半ばあきらめかけていた時に、あの大喜工務店の「無添加骨太住宅」のホームページを見つけたのです。

藤田社長のお話しから、頑丈な構造、自然素材をふんだんに使った家作りという、私たちが特にこだわっている点が全て一致することが分かりました。また、大喜工務店さんの工場や倉庫に眠る、たくましく美しいたくさんの木々に圧倒されました。そして、「私たちの家を建ててもらうのは、ここしかない!」と強く思いました。また、家作りを語る時の、藤田社長の少年のような(?)素朴な笑顔を見ていると、「この人は本当に家をつくるのが好きなんだなぁ。この人に任せたら安心だ。」という気持ちを強く抱きました。
「大喜工務店を選んで間違いなかった!」と建築中の今も自信を持って言えます。
 
家作りに関する打ち合わせ、地鎮祭、地盤改良、基礎工事、上棟など、どの場面にも立ち合わせてもらい、社長をはじめ、工事の方々にはたいへん親切にして頂き、たくさんのアドバイスを頂きました。また、私たちのちょっとした疑問にも、いつも笑顔で丁寧に答えてもらっています。
これまでの過程で私たちが特に印象に残っているのは、地盤改良と上棟です。どちらも「地震や自然災害にも負けない頑丈な家を作ってほしい」という私たちの願いを十分に満たすものでした。
どんなに、おしゃれで素敵な家でも、途中で傾いてしまったり、ぐらついてしまうのでは元も子もありません。見えないけれど、大切なところにこそ、手を厚くかけて欲しいと私たちは強く思っています。
藤田社長は地盤改良の際、調査データを分かりやすく説明して下さり、強固な地盤に到達するまで改良してくれました。
おかげで私たちの家の土台はどこにも負けない、しっかりとしたものとなり、これから安心して住める基礎となりました。

また、私たちが驚き、感心したのは上棟です。大黒柱は言うまでもなく、通し柱だけでなく、全ての柱が太く美しく立派な木だったのです。今まで何気なく見ていた上棟ですが、他社が行っている上棟と比べると一目瞭然。大喜工務店の木の太さと美しさはピカイチです。素人の私たちの目でも、その違いはハッキリと分かります。このような立派な木をたくさん使って建てられた家なら、地震が来ても台風が来ても、ビクともしないのでは、と思いました。これらの木々は大喜工務店さんの自慢の木ですが、これからは私たちの自慢の木です。この木々で建てられた家をこれから大切にしていきたいと思います。
建築現場に足を踏み入れると、木のさわやかな香りがただよいます。大工さんや社長と家の細部を決めていく作業は本当に楽しいです。今から完成する家を思い、ワクワクしています。

大喜工務店さんを初めて訪れた時、生まれる直前だった3人目の我が子ももう6ヶ月になりました。私たちの家作りは、この子の成長と共にあるという気がしてなりません。次第に形となっていく家を、我が子のようにいとおしく感じます。
 
これからも、完成までのひとときを楽しみたいと思います。
大喜工務店さん、今後もよろしくお願いします。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

近江八幡市 I様

お手紙

大喜工務店さんの建てる本物の家に住みたい。実際に大喜さんの作られた家を見せて頂いた時の驚きは忘れられません。
社長、藤田喜代次さんの家づくりへの熱いこだわりを聞き、藤田英喜さんの専門に精通したセンス良い設計。分かりやすく楽しい話しを通し、大工さんの技術が重なり家のイメージがどんどん形となり、完成いたしました。
引っ越し後も夫婦で「こんなに素敵な家に住めるなんて本当にみなさんのお陰様やね。ありがたいなぁ。」と話しをしています。
皆様の家への想い。仕事への心意気から多くの事を学ばせて頂きました。
社長さん、英喜さん、全ての大工さん、関係してくださった皆様の力があってこそです。
本当にありがとうございました。
大喜工務店の皆様にお出逢いできたことは、私たち家族の大きな大きな幸せです。
近江八幡市I様(旦那様)より

私たちの家の完成見学会、感無量の想いで一日過ごさせて頂きました。本当に「美しい」の一声です。基礎から始まり、本当にたくさんの方々の技術で家づくりは完成するのだということを学ばせて頂き、本当に光栄です。
大喜工務店の幸せの輪がどんどん広がってゆくことを願っています。
本当にありがとうございました。
近江八幡市I様(奥様)より

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

和歌山県 M様

お手紙

過日は完成見学会に参加させていただき、社長のお話を直接伺い、家作りへのこだわりや真剣さがひしひしと胸に響き、感銘を受けました。
 
私は最初、家は住めれば良いという軽い気持ちでおり、「中古でもいいや。地震に強いのは木造よりも鉄骨だろうな」と漠然と思っていました。しかし、高い買い物をするのだから真剣に家について考えてみようと、完成見学会に行ったり、インターネットで調べもしました。
子育てしている現在は、24時間家に居ます。仕事をしている時には感じなかった四季の移り変わり、自然との関わりを感じるようになりました。そこで気づいたのは、日本の風土には太陽の光、風を季節に合わせて上手く取り入れ、家自身が呼吸できる建物に住むのが人にとって一番良いのではないか、ということでした。
そこで、様々な建築会社の作る木造住宅を何度か見学しましたが、どれもしっくりこないのです。何故だかわかりませんでした。しかし、その答えがつい最近分かりました。

ある日、通りがかりに、ある建築会社のモデルハウスに立ち寄ったのですが、建物に入った途端、木の香りが漂い、木の色が活き活きしているような気がしました。今まで見てきた木造住宅と何が違うのか、設計士さんに尋ねると、木材の人工乾燥と自然乾燥の違いでした。香りもさることながら、木材の強度も自然乾燥の方が強い。木を切る季節も重要という事などを教えて頂きました。
この時、自分が求めていたものは自然乾燥した木で建てられた家なんだと分かりました。それから、自然乾燥材を使った家を他にも調べてみようと何軒かモデルハウスを見学しました。また、以前読んだ雑誌をもう一度読み返し、自然乾燥材を使用している工務店を探したところ、大喜工務店さんの名前が飛び込んできました。雑誌の写真を見て、実物を見たいという気持ちが高まりました。
そして、まず電話で大阪府の南部で建ててもらえるか問い合わせさせて頂きました。やはり、滋賀と大阪府南部はかなり遠いので、無理だとお返事頂いた時は納得しつつも、吹っ切れることができず、一目、大喜工務店さんの建てた家を見て、今後の参考にさせてもらおうと完成見学会に行かせてもらいました。

しかし、実物を見て衝撃を受けました。
6寸角、8寸角の柱とはこんなに重厚で立派なものなのか。今まで見てきた家がショボく思えました。また、藤田社長のお話を聞き、構造、断熱、自然素材への強いこだわり、そして、何よりも家作りに賭ける社長の情熱と真摯さに感動しました。
ご迷惑なことでしょうが、大喜工務店さんの実物の家を見て、話しを聞いてしまった今、どうしても大喜さんが建てた家に住みたいという思いを捨て切れません。長々と書いてしまい、読み難い部分もあったかと思いますが、私たちの家に賭ける思いを知って頂きたくペンを取りました。建築予定の大阪府和泉市は滋賀からかなり遠いですが、可能性が少しでもあるならばご検討ください。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

米原市 O様

【工事中に頂いたお手紙・・・】

前略、大喜工務店さんで新築された方が、このような手紙を出される訳を、この棟上を経て実感しました。施主として感謝の気持ちを文字として残したい、また、それが大喜工務店さんのエネルギーになっているのであれば、なお更の事だと思い、年の瀬も押し詰まりましたが、筆をとりました。

私の家探しは、約一年半前のマンション見学からスタートしました。「いつでも売れるからいいじゃない?」「駅から近いしね」なんて軽い気持ちでした。しかし、私の生活スタイルでは無く、ローコストの建売一戸建てなら同価格帯で買えそうな事もあって、土地探し、工務店探しに明け暮れました。

そのうち、「無垢の家」に憧れ長野県等遠方まで足をのばしました。きっと私以外にも「無垢の家作り」を探す人の苦労は半端ではないはずです。また、不動産業のいやらしい部分も見ましたし、各社を比較するにも間取りを決め見積を作り上げていきますから時間がかかりました。それでも全体の価格は見えてこないので、見れば見るほど、知れば知る程混乱していくばかりでした。

そんな中、年初にホームページで知った大喜工務店さんから頂いた資料を見返しました。資料には、ひたすら「構造に自信がある」「使っている材料が違う」と言った事が書かれ「××工法」「高級設備」「低価格」といった事が前面に出されている他の工務店さんとは明らかに違いました。ばっちり乾燥された大木の横で誇らしげに写る社長の写真が印象的でした。ただそれまでは、坪単価が高そうでしたので検討すらしていませんでした。

しかし、これまで「強い家を建てる」という重要な要素を忘れていたこともあり、踏ん切りをつけるためにも大喜工務店さんを訪ねました。 社長は、芸能人に例えると”松方弘樹さん”のような感じです。いつもは気さくに話していますが、構造の話になると一気に真剣な表情に変わります。私どもが出した間取り図面を見て一言、「ひ弱。ダメ」。一から作り上げることになりました。 パソコンの3D画面でイメージを確認していき、構造も合わせて確認できましたので決まるのは早かったです。

社長のご家族もすばらしく、娘が「猫と犬がいるおばちゃんの所へは、何回寝たら行くの?」とせっつくぐらい皆様に可愛がって頂き、長丁場になる打合せにも手を焼くことがありませんでした。長男、次男さんもしっかりされていて、工務店さんの将来に心配が無く、安心してお任せ出来そうです。

実際大喜工務店さんの見積価格は、他の工務店さんと相違なく、見積はシンプルで、構造上の強さのお墨付きあるので安心感は何倍も違い、「値打ちがある」と思いました。

土地が広い事もあり急遽平屋に変更しお騒がせしましたが、なんとか今秋に棟上の日を迎える事ができました。お陰様で強固な地盤にも恵まれ、基礎も頑丈にして頂きました。棟上は天候を案じ十三名もの職人さんが集まり着々と作業が進んで行きました。下準備は済んであり話さずとも太い柱、梁が組み合わさっていきます。まさに私の職場が目指している「作業改善」のお手本のような現場を見る事が出来ました。レッカーの方も、作業の流れを見て手伝いをされる等、今まで抱いていた 職人さんの「金髪」「携帯」「どこでもタバコ」「ぶかぶかズボン」といった嫌なイメージとは違い評判どおりの良い職人さんが集まっていました。

総じて大喜工務店さんを語るなら「質実剛健」の一言に尽きます。太い柱や梁を見るとその凄さが肌へと伝わり安心感へと変わります。ただ、「材料だけが凄い」、「社長の思いや仕様書が凄い」だけではなく、 「仕様どおりに組立てていく大工さん」、「良い物を一番にと提供される業者さん」があって立派な家ができるのだと棟上を見て感じました。

八寸の大黒柱というシンボルを見て、自分自身もこのようにしっかりしなければならないと気が締まりました。 皆様のお陰で建築中の家も年を越すことが出来そうです。伊吹の麓と言うこともあり益々気候が厳しくなりますが、安全第一、健康第一で 引き続きよろしくお願いいたします。

 

【引越し後に頂いたお手紙・・・】

「住まいは工業製品ではありません。生きる喜びを実感するためにあります。」
大喜工務店さんのホームページにある言葉で一番好きな言葉です。

大喜工務店さんの”家作り”には時間がかかります。それは、施主と一緒になって”家を作り上げる”からです。私は、登山をしますが、以前、”山の会”に入る時に、 「”連れて行って下さい”というスタンスの奴は来るな!」と言われました。

それは、登山が自己責任を伴うスポーツである事が大きいのですが、「一緒に行きましょう」という気持ちでないと達成時の喜びが全く違うからだと思っています。行程を決め、万が一に備えた計画書を作り荷造りをする等万全を尽くす苦労を伴わないと実際達成感もなく、記憶にさえ残りません。連れて行ってもらう登山は、大抵は苦痛なだけで全く面白くありません。そこが観光と全く違う点です。
”家作り”も同じで、施主は”作ってもらう”ではなく”一緒に作り上げる”でないと”本当の住まい”にならないと思うのです。

私も偉そうなことは言えませんが、一時は”マンションでも、建売でもいいや”なんて考えていた時期もありました。メイドインジャパンを手っ取り早く買えるし簡単に手放せるなら縛られることもなく身軽だからです。しかし、家は”通販カタログで買うもの”、”2ヶ月位で建てるもの”ではないと思います。
なぜなら、施主の意思が入っていない家は、自分の家”ではなく愛着がわかないからです。日本中のどこに行っても同じような家が建っているのを見ると悲しい気持ちになります。造作中にも施主が家に入って、照明器具、腰壁、外壁の塗りの感じ、造作家具の位置、収納の作り、玄関の丸窓等指定させていただいた事は、数えればきりがありません。
中でも苦労したのは、
【1】センターキッチンのレンジフードからのダクト処理
【2】アウトドアデッキの中央部を開口できる点です。

【1】は天井がはられていない所でのレンジフード、ダクトの設置は、設備屋さん、大工さん、電気屋さん、大喜さんの傑作で無垢の大梁に吹き抜けの雰囲気と調和し、 ダクトは薪ストーブの煙突のようで格好が良く気に入っています。

【2】は頑丈な材でできたデッキに、大きな開口部を作り、それを日常的に簡単に取付け、取外しできるか?がネックでした。若い大工さんと「どうしたらいいでしょうねぇ」と思案していたところ、将棋好きな大工さんが屋根を指差し「こんな凄い建物が出来るんやったら、このくらい簡単なことやろ。」と言われました。確かに 大工さんの仕事は、太い柱に太い梁を組み立てる大きな事から、無垢の床、腰壁をはる等、手間や根気が要る事までされています。「こんなのができるんだったら、これ位の事は」という言葉に不思議な位納得しお任せしました。工夫を凝らした施工をして頂いたお陰で、引越しの時には大活躍しました。縁側として使えるので楽しみです。

振り返ってみますと私どもの家作りは、本当にありがたいことばかりでした。家族とお金の事を考え、色んな事を見聞きし、判断し、決定するのは、まるで会社の社長のようで気持ちの良い事のように思えますが、 非常に苦労を伴います。それは、家の事を知れば知るほど、欲は出てきますし、一方で厳しい現実も知らされるからです。

しかし、大喜さんの家作りでは、お金の事は安心でしたし、自然素材で出来ていて構造の強さもお墨付きですから、私どもは、安心して家作りに注力できました。これから建てられる施主さんとも気安くさせて頂き、基礎の前で話し込んだり、内覧会でいつしか営業マンになっている自分がいました。それは、大喜さんで家を建てられる方の家作りへの熱い思いは皆おんなじで共感でき、苦労話が好きだからです。

住み始めて少ししか経っていませんが、お蔭様で皆快適に過ごさせて頂いております。
大喜工務店さんへの感謝の言葉は尽きません。これからも、「家作り」を通じて「生きる喜び」を提供される会社であって下さい。私にとって、「生きる喜び」は、「感謝できること」だと実感しました。家作りを通じて、”多くの人に感謝できることは幸せだ”、”多くの方に感謝されるような人でありたい”と感じました。

これからも”家作り”にお忙しいでしょうが、健康に留意され、ご家族を大切にして下さい。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

彦根市 S様

お手紙~棟上後~

私たちは、当初、家づくりにおいて一番重点をおいていたのが価格でした。いかに安く購入して、いかに早くローンから開放されるか、そんな考えしかありませんでした。つまり家なんてどこで建てても同じだろうという浅はかな考えしかなかったのです。

我が家の新築計画が始まってからは大手メーカーのモデルハウスを何軒も見学し、良いところを取り入れローコスト住宅で(見た目だけの)お洒落な家を建てようとしていました。そんな土地探しをしている中で「あんなローコスト住宅で建てたらせいぜい20、30年しか住めないんじゃないの」と言うある人の言葉や親から言葉少なめに「読んでみて」と与えられた本で考えが徐々に変わっていきました。

そんなきっかけがあって自分でも住まいについて真剣に考えるようになり、行きついたのが老後まで住める無垢の家そして外断熱を採用している事でした。

また一から建築会社探しをしている中でインターネットで大喜さんを知り、大喜さんの人柄や新築の施主さんの話、何より見学させて頂いた家に感動して一目でここでお願いしようという気持ちになりました。今まで見てきた家になかった気持ちの良さがあったのです。今思えばできるだけ自然素材を使っているからこそのもので、我が家もそんな家が叶い本当に良かったと確信しています。

家づくりにおいて今でもこうすれば良かった、ああすれば良かったなど色々あり、きりはありませんが、なんせ一生に一度の大イベントで分からない事だらけです。変更変更、また変更で大喜さんには大変迷惑をお掛けして申し訳ない思いと感謝でいっぱいです。妥協したくない思いと自分なりの完璧さを求めた結果でここでお詫びをさせて頂きます。

ところで家づくりで一番大切な事は何でしょう・・・・・人それぞれで答えはないかもしれませんが、私は大喜さんを通して家の構造ではないかと気付かされました。一生住む事になる我が家に構造面で不安があっては生きた心地がしませんし家族に幸せはありません。私自身の勝手な意見ですが住まいは、
①地震に強い構造のしっかりした建物である事
②居心地の良い空間である事(なるべく自然素材を使っている住まい)
この2点に限ると思います。細かい事を言い出せば、断熱のしっかりした家である事、生活しやすい間取りである事、軒・庇がしっかり出ている事、最新の設備が付いている事、お洒落な空間・外観である事などきりがありません。
そうはいうものの私自身、間取りを決める当初は外観ばかりにとらわれ一番大切な事をないがしろにし、今こうして生活するようになって反省を込めて思う事です。ですが上記2点は幸いにも大喜さんとの巡り合わせがあり、安心して住める心地の良い住まいにして頂きました。

大喜さんは無駄を省けばコスト的にも良心的な価格で施工してくれます。設備にはなるだけコストを掛けないで余裕があるなら構造の素材や、断熱材などにお金を掛ける事を私はお勧めします。

外断熱に関しては本当に必要なものかどうかいまだ答えは出ません。ですが快適である事に変わりありません。自然素材としては、薬剤に頼らないひのき土台、天井無垢あらわし、本物の珪藻土、無垢建具、無垢フローリングなどふんだんに自然素材を使って頂き、とても気持ちの良い住まいになりました。嫌な臭いがいっさいしません。

家の中に入った瞬間から良い香りがし、良い家である事を実感しています。我が子もすくすくと育ってくれると思っています。究極の自然素材住宅というと設備も自然素材となるかと思いますが、水回りは腐りやすくメーカーのものであればこれまでの実績と経験で不具合も少なくメーカーのもので十分だと思います。

大喜さんの良さは他にもあります。地盤改良から基礎、土台・・・とこだわりを持っておられ何も言わずと強い家にしてもらえますが、それ以外のこと、間取りから始まり、サッシ、外壁材、建具、設備など全て自由に決める事ができます。他業者では営業マンにこれは無理あれは無理とどんどん除外され結局制約が出てくる事が多いと思います。
自分の思い描くマイホームがそのまま我が家になるのです!(現実は間取りで多少の制約はありましたけども)これは私自身とてもうれしい事でした。家づくりを家族で楽しみ、またそうする事で家のつくりを知り、住まう家族が家を大切にする。良くある建売とは全く別物で、できたものに住んでも愛着も何もそこにはありません。住まいは業者任せでなく家族と一緒に考え家族とともにつくり上げるものだと感じました。

最後になりますがこれから先、家族一同、心のこもったこの良い家を大切にし幸せに生きていけたらと願うとともに大喜さんの今後のご活躍を願っています。また今後とも宜しくお願い致します。そして、大喜さんをはじめ、大工さん、左官屋さん、他お世話になった方々に感謝しています。ありがとうございました。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

野洲市 M様

お手紙 ~施工前~

私達の住みたい家、それはとことん体に優しい家です。その願いを叶えてくれる大喜さんと巡り合うことが出来て、本当に良かったと思っています。今から建つ私達の家、とても楽しみです。

私達の家捜しは、4年程前に始まりました。当初は、いろいろな住宅展示場へ行ったり、完成見学会へ行ってただ営業マンの話を聞くだけで、これといって、家に対する「こだわり」はありませんでした。その後、娘がアレルギーだったことをきっかけに、私達の家に対する思いがガラっと変わりました。アレルギーについて勉強していくうちに、「とことん身体に優しい家に住みたい」そう思うようになりました。それから、再び何社ものハウスメーカーや地元の工務店等を回ったり、インターネットで調べたりして情報を集めました。

しかし、「自然素材を使った家」と掲げておきながら、実際には合板やクロスが多用されていたり、防蟻剤が使われていたりと、どの会社も私達が納得のいくようなものではありませんでした。
また、標準仕様を変えて細部まで自然素材を使うようにしてもらうと、全てオプションということになり、芋づる式に価格が上がってしまい、私達が手を出せる値ではなくなってしまいます。とことんこだわった家は無理なのかなぁと思いました。でも、そんな時ある住宅雑誌で私達の目にとまったのが、大喜さんの「無添加骨太住宅」でした。
A:「ムテンカホネブトやって!?」
B:「えー!?ムテンカでおまけにホネブト!!いいなぁ!」
A:「でもそんなん絶対高いんと違う?」
B:「そやなぁ、うちらの予算では無理やろうなぁ‥」

そんな会話が私達の夫婦の間で交わされ、一度はすぐに諦めかけましたが、その後、大喜さんのホームページを見たりして「無理でもいいから、とりあえず話しだけでも聞いてみたい」と、受話器をとったのが始まりでした。今では、あの時諦めないで電話して本当に良かったなぁと思っています。

それから、大喜さんと話を重ねる中で大喜さんが建てようとする家と、私達の建てたいと思う家がピッタリ同じ、いや、それ以上だということが分かり、大喜さんなら私達の夢を実現してもらえると思いました。また、自社倉庫で自然乾燥させている木を見せて頂いたときは、ところ狭しと目地の詰まった美しくかつ立派な木の山を前にし圧倒され、「是非この木で家を建てて欲しい」と強く思いました。

そして、一番決め手となったのが、何に対しても「安心」ということです。
今回、家を建てるにあたって一番大切だと思ったことは、建てる前も建てている間も、また、住み始めてからも全てにおいて安心していられるということです。私達は、何社か回って大喜さんに決めるまでに、「見積もり無料」とうたっているある建設会社に見積もりをしてもらい、その後に断ったら『脅される』というような怖い思いをしました。「もうこんな思いをするなら、もうこのまま家を建てるのをやめてしまおうか。」と思った程でした。しかし、その後何度も大喜さんに足を運ぶうちに、大喜さんなら安心して任せられると確信しました。

お忙しい中にもかかわらず、こちらの話を聞き、何度もプランを考えて頂いたり、予算的にも厳しい状況の中でのこちらの無理なお願いにも快く応じ、相談に乗って下さったおかげで、私達の理想通りのプランとなり、本当に嬉しく思っています。これから建つ我が家がとても楽しみです。

今回、家を建てるにあたって、信頼のおける大喜さんと出会えたことを、とても幸せに思っています。これからも、よろしくお願いします。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

近江八幡市 O様

お手紙 ~棟上後~

大喜工務店代表の藤田さんは、家の間取りを決める時からしっかりとこちらの要望を聞き入れた上でプランを提案し、構造や材料について納得するまで何度でも詳しく説明してくれました。また私も納得するまで疑問に思うことは聞いて、お互いに信頼関係を築くことができました。

藤田さんは、木造の家にかなりのこだわりと信念を持っておられ、天然素材を活かした家造りをされています。私としては信頼して安心して家造りをまかせられます。

家の建築が始まって、地盤調査から基礎工事、上棟そして現在に至るまで、ほとんど毎日のように現場に足を運んでいます。

まず、基礎工事では鉄筋の多さに驚きました。頑丈な基礎ができそうだなと思っていましたが、実際に基礎工事が完成すると、大地震が起こってもびくともしないような立派な基礎ができました。コンクリートの厚みが標準よりも分厚いうえに耐震金物の本数が多く、四隅以外にも重要な部分に設置されていました。素人の私が見ても、他の建築現場であまり見たことがないぐらいの出来映えで、たいへん満足しています。3階建でもいけるぐらいの構造計算で設計してくれているそうです。

木の良さを十分に活かすため、天井は張らずに杉板を直に屋根の下に張っているので、構造がすべて眼で見えるようになっています。太い梁に檜の柱が絶妙に組み合わされ、見ていても全く飽きません。通し柱は6寸あり迫力があります。当然耐震金物でしっかり固定されています。

吹き抜けから上を見ると杉板のきれいな木目が目に飛び込んできてとても気持ちが良く安らぎます。現場を見に行くたびに嬉しくなってきます。来てくれている大工さんも腕がよく、丁寧で細かいところもきっちりと施工されていてたいへん喜んでいます。

以前、住宅展示場に何回も足を運んで大手メーカーの家が安心で良いかなと考えたこともありましたが、今は天然素材を活かした家造りをされている大喜さんに頼んでほんとうに良かったと思っています。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

守山市 K様

お手紙~手書きでお声を頂きました。~

家作りでこだわったうちの1つが「夏の涼しさ」です。地球温暖化が進む上、冷房により子供の汗腺が発達しなかったり“クーラー病”なんて言葉もよく聞く昨今、体にも環境にもよくない冷房を使わずに過ごせる家に住むことが夫婦の理想でした。
小屋裏部屋まで涼しい家を造るにはやはり外断熱。

それから風通しの為に南にも北にも大き目の窓、日光を外部でさえぎる上風を通す通風雨戸の採用や広い軒。

そして湿度を快適に調節してくれるホタテ貝が原料の塗り壁に無垢材をふんだんに使った木の家。まるで森の中にいるような自然の涼しさは、自然素材の家ならではだと思います。

藤田さんと一緒に考え創り上げた家が、この猛暑にどうだったかというと、なんと冷房ゼロで乗り切れましたー!!

暑い暑い外から家に入った瞬間にまるで冷房でもかけているかのようなひんやりした空気に何度ホッとさせられたことか。

そして、寝苦しいはずの夜も数日あっただけで、それも扇風機で過ごせました。
大喜さんの建ててくれた家が私たちの理想の家であったことを身をもって感じ本当に嬉しく感謝しています。

またこの夏、家庭菜園に挑戦し、たくさん野菜の収穫を楽しめたのですが、この畑の土は藤田さんご夫婦が敷地から分けてくれた無農薬の黒い土でした。
関西の外構屋さんでは普通、用意できない良い土で初心者の私でもとても美味しい無農薬野菜を作ることができました。

ダンプに山盛りもの土を2度もわざわざ持ってきて入れて下さるご好意が本当に嬉しかったし、何もかも親身になって下さる藤田さんに家造りをお願いして良かったな~としみじみ感じた夏でもありました。

 

お手紙~大喜工務店を選んだわけ~

私たちは土地を決めてから約10ヶ月の休日ほぼ全てを使い、大手メーカーから地元工務店まで十数社の会社とプランニングや現場見学をしてきました。家を選ぶポイントは沢山ありましたが、主なものは地震に強い丈夫な構造の家、自然素材を使用した本物志向の家、というものです。「丈夫な構造」に関しては大手メーカーはクリアしているであろうところが多かったですが、プラン・見積りをしていくと、大手はどこもこちらが「完全な自然素材が良い」と主張しても勧めてくれないのです。というのは無垢板、塗り壁、陶器瓦、無垢の建具など本物の素材を指定すると予算を大幅にオーバーしてしまうからです。

そこで、今度は自然素材を売りにしている工務店めぐりです。ここで何社か見学しているうちに大喜工務店しかないと思うようになりました。それは、とにかく頑丈な家を作りたいというこだわりぶりが伝わってきたからです。自社倉庫の見学では自然乾燥している柱が沢山ありました。急激・短期間の人工乾燥の柱は繊維が切れて良くないのです。自社でここまでしている工務店はなかなかありません。また、家の強度に一番肝心な地盤・基礎ですが、ランマーで「これでもか」というほど転圧して地盤を固めてくれたり、基礎屋さんはしっかり配筋・仕事してくれることで評判のとこしか使わなかったりなど、とても安心できるものでした。

他の工務店は、自然素材と言いつつ防蟻剤を散布していたり、見えにくい家の内部で合板を乱用していたり、1階天井と2階床の作りが板一枚で音の問題があったり、構造材の質が悪かったり、施工がいい加減であったりしていました。(私たちの両家の親も建築関係なので撮った写真などを見て的確なアドバイスをくれるのです。) 最後の決め手は、あまり手を広げず、社長の藤田さんが監督できる範囲を超えると依頼を受けないところです。あまり使っていない下請けに出したり、新米の現場監督ではやはり不安です。プランニングから監督まで経験豊富でこだわりと熱意をもった藤田さんが受けてくださるからこその安心感というのは、年間何十棟も建てる中堅工務店ではなかなか得られません。

打合せには変更を繰り返したり、細かいお願いまで沢山してしまいましたが、嫌な顔一つせず、納得いくまでじっくり説明してくれる誠実さがとてもありがたかったです。何年か前の愛知川の竜巻では大喜工務店の家だけが壊れずに残っていたエピソードや、去年は女優の本上まなみさんご夫妻の依頼で家を建てた話など、色んなお話も聞けて楽しい打合せでした。これから家の完成までがとても楽しみです。

 

お手紙~棟上後の日記~

11/21,22お天気に恵まれ、棟上が行われました。
AM10時半頃現場に行くと、もう2階部分にかかるところ。総勢9名の大工さんたちが、クレーンで木材を運んでは餅つきの杵のようなハンマーを何度も振り上げ木材同士を組ませていってました。大工さんって、かっこいい(^O^)

最近の家作りは工期短縮の傾向があり、そのような建築会社では木材の加工をゆるめにしてハンマーで何度も打たなくても簡単に組める作業にしている会社もあるとの事で、大喜さんの場合を見ていると金物がなくてもいけるんじゃないかと思うほど、骨太の構造材が頑丈に組まれていると感じました。しかも金物も計算以上に沢山入れるとのことで、とても安心。

数日後も現場に行くと、職人さんが「前を通って行く建設関係の人たちが、『いい材料つかってんなぁ』、と言いながら通っていくよー」と教えてくれました。そう、我家の周りは建築ラッシュ。建築条件のない分譲地だったので色んなメーカーの家と比較できて面白いのです。周囲の家と比べると、素人の私が見ても大喜工務店の木材、構造の立派さがよく分かります。構造がしっかりしている強い家は災害時にやはり安心。構造材の質と乾燥にこだわったのも、内装が全館塗り壁なので竣工後に家が暴れてヒビが入るのも避けたいというのも1つの理由。棟上を見たら、ほんと「百聞は一見にしかず」って感じ。その出来栄えに納得させられました。

今日も現場を見に行くと、この辺りの新築見学に来ていた年配の男性に話し掛けられました。「施主さんですか?この家は立派ですなぁ。土台もいい芯持ち材使ってるし。この工務店にたどりつくまでかなり何軒も回ったでしょ?」と。この方もよく勉強して、二度目の新築を建てようとあちこち見てまわって研究しているとの事でした。そういう人に褒めてもらえるのは本当に嬉しいこと。

藤田さんが、「しっかり仕事をしてこそ次の仕事に繋がる」と言っていたその信念はこういうことなんだろう。ほとんどが口コミで依頼が来るという大喜工務店の噂は本当みたい。

それにしても構造材の姿が露わになる大喜工務店の棟上ってほんと素敵。我家は特に天井を張らず、そのまま梁や勾配天井などの構造材を見せるから仕上がりが垣間見えてワクワク。この先がとても楽しみです。

 

お手紙~完成後~

とうとう、念願の新居に住んで一ヶ月半が経ちました。

家が出来上がるまでちょこちょこ現場を見に行くと、あれだけじっくり打合せをしていても収納部などのより細かいおさまりなど決めてなかったことも多く、藤田さんや大工さんが現場で更に細かく聞いてくれたので、どこもかも思い通りの理想の家が出来上がりました!

塗り壁を塗っている時には屋根裏部屋に記念に家族の手形をつけたりして、遊び心あふれる楽しい家になりました。屋根裏部屋での鬼ごっこが今では近所の子供たちもお気に入りの遊びになっています。
なんだかワクワクするみたい・・・。そして大喜さんの杉のデッキはとても気持が良く、毎日子供と日向ぼっこをしたりティータイムを楽しんだりして幸せを感じています。

そして、家の中にいてもすごく気持がいい!外を歩くと排気ガスがあったり、あちこちで建つよその建築現場などの匂いにも私は敏感で気分が悪くなったりもするけど、大喜さんの作ってくれた家の中は木の香りがとっても気持がいいんです。
天井を見上げると太い梁とパインの天井が立派で素敵、寝っころがると床も気持ちいいし見上げても素敵だし、まるで森林浴をしているような幸せな気分になります。
全館妥協せず塗り壁と無垢材を使ってもらって本当に良かったと思っています。それもこれも良心的な価格で引き受けて下さったから出来たことだと思います。

毎日よく眠れるし、家族全員にあった肌のトラブルが良くなっている気がします。本当に頑丈で自然素材をふんだんに使った大喜さんの健康住宅は、安全と健康とワクワクをもたらしてくれる満点の家になりました。家族全員で喜んでいます。最後まで親身になって建ててくれた藤田さんや大工さんたちには本当に感謝です。いい工務店さんに巡り会えて本当にラッキーでした(^O^)

ありがとうございました。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

大津市 N様

お手紙

大津市N様から頂いたお手紙です。

藤田さんと出会えたことは、本当に幸運でした。

無添加骨太住宅に住み始めて1年経過し、この家の本当の心地良さが少しずつわかってきたような気がします。

まず、最も驚いたことは、一年を通して除湿・加湿の必要が無く湿度50%前後をキープ、結露が一度もなかったこと。これにはマンション住まいの長かった私たちは、本当に驚かされました。冬には暖房器具を使うと窓際がビッショリ、それを雑巾で度々拭くことが当たり前だったからです。引越ししてくる前にご近所さんから、「ここは山の天気、時雨れが多くて湖も近いから、ジメジメすることが多いかも。」なんてお話も聞いていたのですが、我が家には全く問題はありませんでした。珪藻土の調湿効果、恐るべしです。

二つ目の驚きは、光熱費がグーンと安くなったこと。引越しのビフォーアフターで比較してみました。


光熱費 ビフォーアフター


なんと引越し前の63%で済み、年間85千円の節約ができたという結果でした。我が家は3人家族で、元々そんなに光熱費が掛かっている方ではなかったと思うのですが、それでも37%オフという結果です。これは、効果の高い断熱材を使用し丁寧に施工した外断熱、オール電化、エコキュート、蓄熱式暖房機などの相乗効果がなせる業なのでしょう。

そして次の驚きは、職人さんの頼もしさ・誠実さです。工事が完了し、引渡しを受けてから後も、色々なことで職人さんにはご相談に乗っていただいています。時には、電話でご相談したその当日に、遠く離れた建築現場からお越しいただいたこともあり恐縮至極でした。家を建てることは、一生に一度の大きな買い物。定期的なメンテナンスや増改築のことも考えると、施工業者さんとは一生のお付き合いです。仕事に対する情熱や誇り、そして物づくりの拘りと住む人のことをとことん考えた職人さんの誠実さに触れると、やっぱり大喜工務店さんにお願いして正解だったと改めて感じます。

最後は、やはり無垢の太い梁や柱に囲まれて暮らす安心感と本物を見抜くことができたという優越感のようなものでしょうか。こればかりはなかなか言葉では言い表すことが難しいので、是非、建築現場や内覧会に足を運ばれることをお勧めしたいと思います。

 

△ページTOPへ戻る
お客様の声一覧に戻る≫

 

東近江市 T様

お手紙

「ねぇねぇ、聞いてよ!すごい『木』ばっかりの家が近所にあるよ~」
「はぁ?何ゆーてんねん!『木』の家より『コンクリート』打ちっ放しの方が格好いいやん!」
私の一家と大喜さんの出会いは、妻の一言がきっかけでした。

ちょうど、私たちが、「そろそろ家建てよっか?」と相談し、様々なハウスメーカーや
工務店巡りを始めて1~2ヶ月が経とうとする頃でした。
そのとき住んでいたアパートの近くに大喜さんの建てているKさん宅を、
たまたま友人の家に行く途中に覗き込んだ妻。
ちょうど社長が中で作業をしており、社長のあつ~いトークを聞いてきた妻。
その日の仕事終わりで帰宅した私に妻が『大喜初体験』を話してくれたのでした。

「天井に梁が見えてるんだよ!」
「めっちゃ木の良い香りがしたで!」
「床のフローリングが全然冷たくなかったわ~!」(当時11月くらい)
晩酌している横で興奮気味に話す嫁は、「さっそく資料請求しても良い?」と。
「無料やったらいいんちゃう?でも、しつこいのは嫌やで。」と私。
(実際、大喜さんの営業活動は恐らくその業界トップクラスのしつこさゼロです。)

正直、当時の私は、家の構造よりも設備(大きい風呂、大きい薄型テレビ、ドライルームetc)に
目が向いていました。ところが、大喜さんの資料を目にして目からうろこが100枚ほど落ちました。
大喜さんの事務所?で半日かけて構造の話や業界の話を聞いた後、
さらにうろこが追加で100枚落ちました。

今から思えば、あの時妻が友人の家に遊びに行ってなかったら・・・
あの時社長がいなかったら・・・
私たちの現在の『木』の家はなかったでしょう。
私たちに素晴らしい家を建てる機会を与えていただいた社長はじめ関係者の皆様との
出会いに感謝します。

新居に引っ越してきて4ヶ月。一番寒い時期に引っ越しましたが、
やはり実感するのは外断熱の素晴らしさや木の温かみです。
仕事から帰ってきて、太い大黒柱や丈夫な梁を見ていると疲れも吹っ飛ぶような気がします。
早く夏になってウッドデッキでビールを飲みたいな~と思う今日この頃です。

それでは、今後もお体に気を付けて頑張ってください。
(でも、あんまり大喜さんの家が多くなると、我が家が自慢しにくくなるのでほどほどに・・・)

 

いつでも見積り無料で受付中です。